脇汗対策の裏技が実はあった!?

a13

女優さんや舞妓さんは何故脇汗をそれほどかかないのでしょうか?少なくともテレビに映っている女優さんの脇汗は見たことがありませんね。

実際、脇汗を止めるための裏技的存在があるのです。まず汗を防ぐには体に熱がこもるのを防ぐ必要があります。

ですからリンパ節や動脈を冷やすと効果的です。体温の上昇を抑えることにより汗の量を減らすのです。

保冷剤などをガーゼにくるみ、鼠蹊部や首の裏など、ツボとなる場所を冷やすことで脇汗も止まります。また重曹を使う方法もあります。

重曹はアルカリ性なので酸性である汗に対して消臭効果もありますから、脇汗のニオイが気になるという人にとってはありがたい話です。さらにベビーパウダーを使ってみるという手段もあります。

赤ちゃんにNGでも成人にはOKなベビーパウダーや脇下を締めること

赤ちゃんのあせも、おむつかぶれを防ぐために使っているベビーパウダーですが、最近では赤ちゃんの汗腺を止めてしまうということであまり推奨はされていません。

しかし脇汗をびっしょりかいてしまう人が脇汗を止めたいと思うなら、ベビーパウダーを使うという手段もあります。汗を吸い取る効果を持っていますから、さらさら状態を長くキープできます。

これは舞妓さんの技でもあるのですが、脇下をギュッと締めると上半身の汗が止まるのをご存知でしたか?

脇はもちろんのこと、背中や顔の汗まで防ぐことができます。汗帯というものが販売されていますから、それを使って脇の下を締め付け、脇汗を止める方法もあります。

いずれにせよ、自分のできる方法で脇汗を止めることができるのが一番です。

▲ページトップに戻る