脇汗は多汗症?どんな病院に診てもらったらいい?

a10

運動など何もしていないのに脇汗がびっしょりかいていることはありませんか?

これは多汗症という病気なのでは・・・と心配する人も多いかもしれません。特に女性などは脇汗が凄いと、社会人だとつり革もつかむことができませんし、つり革をつかまなくても汗ジミができて恥ずかしい思いをするということがあるようです。

では多汗症であるならもしくは脇汗が止まらないのであれば、どんな病院にかかればよいのでしょうか?

そもそも病院にかかったほうがよいのでしょうか?実際、何科に行けばよいか迷いませんか?まず脇汗が尋常ではないと思った場合、皮膚科を受診しましょう。街の皮膚科で充分です。

病院によって解釈の違うケースもありますが、総合病院だと形成外科や麻酔科、内科で診察する場合もあります。

脇汗が多汗症であるなら、治療法はいくつかあります。ワキガだったら手術が必要なのかもしれない・・・と心配する必要はまずありません。まずは受診してから、主治医に検討してもらう必要があります。

まずは皮膚科へかかって塗り薬から始めましょう

まず皮膚科なら薬剤による治療法が取られ、超音波治療、そして手術があります。塗り薬では塩化アルミニウムなどが主となり、発汗を抑えることができます。

しかし対処療法となりますから、原因の根本を完治させることは難しいでしょう。超音波治療については脇の下の皮脂腺を超音波で除去するというものです。

多少リスクはありますが、手術のように体にメスを入れることなく行うことができますから、比較的取り入れやすいです。

ただ、手や足の裏に使用できない脇に使う術式なので注意が必要です。病院に行くか行かないかは自分で決めることですから、もし本当に脇汗に困っていて日常生活に支障をきたすというのであれば一度病院にかかってみましょう。

▲ページトップに戻る