更年期障害によって脇汗が酷くニオウようになる

kiooooiu

更年期障害になると自律神経という部分がうまく作動しなくなります。そのせいで発汗、脇汗が酷くなる場合があります。

しかも脇汗が酷くニオウようにもなります。更年期にかく汗はアンモニアなど臭い成分が多く含まれていることが多いので、特有のイヤなニオイを放つことがあります。

ホットフラッシュと呼ばれる急に体が暑くなり、大量の汗をかく現象も更年期の特徴の1つです。

ホットフラッシュや更年期特有のニオイのある脇汗は全員が全員なるわけではありませんが、個人差があります。

まだ年齢がそれほどいっているわけではないから大丈夫と思っていても、それは突然やってきます。では更年期障害の脇汗はどうやって止めればよいのでしょうか?

女性ホルモンに似た働きの大豆イソフラボンを摂ってみよう

よく言われるのが大豆イソフラボンを摂ることで、女性ホルモンと同様の働きを体内で行わせ、ホルモンバランスを取るということです。

大豆イソフラボンとはその名の通り、豆腐や納豆などに入っている成分です。更年期ではない女性でも大豆イソフラボンを普段からたくさん食べていると脇汗は多少軽減できると言われています。

しかし大豆イソフラボンを食べても更年期障害の脇汗が全くおさまらないというケースも多々ありますし、大豆イソフラボンを摂取して脇汗が臭わなくなるというのはどちらかというとラッキーなほうです。

一般的には更年期障害を乗り越え、年齢を重ねることでニオイは軽減されていきます。この時期をいかに乗り越えるかによって脇汗との付き合い方も変わっていくでしょう。

▲ページトップに戻る