ツボやリンパ腺に注目する

a1111111111111a

おでこや脇などの箇所は、非常に汗が出やすいものです。しかしながら、いくら汗が出やすいと言っても、だから汗を流して良いというわけではありません。

汗を流せばそれだけ汗臭くなりますし、また汗が止めどもなく流れていると他者からすれば暑苦しい印象を与えてしまいます。

また、女性なら汗のせいでメイクが崩れたり、お気に入りの服にシミができるなどの危険性もありますし、汗を全く流さないのは汗線のことを考えれば問題ですが、だからといって汗を流しすぎるのも問題なのです。

そこで今回は、汗を止めるためのテクニックを紹介したいと思います。まず1つは、脇の下にある大包と呼ばれるツボを刺激する方法です。

このツボは脇の汗や、顔の汗を止める効果があるため、もしも局部に汗が溜まってきたと思ったなら、積極的に活用するべきツボです。

ちなみに舞妓などが涼しい顔をしているのは、帯でこのツボを圧迫しているからと言われており、それだけ確かな効果があるのです。そしてまた、汗を止めるならリンパ腺を冷気で刺激するのも有効です。

リンパ腺は首の後ろなどにあるため、冷えたペットボトルや冷却ジェルなどを使って冷やしてやれば、汗がかなり引いてくるはずです。

ただし、あまりにも長時間冷やし過ぎると、身体が逆に冷えてしまったり、熱が体温に溜まってしまうことがあるため、リンパ腺を冷やすのであればほどほどにすることも大切です。

上記のようなテクニックを駆使すれば、効果的に汗を止めることができるため、汗臭さなどの対策に有効です。

▲ページトップに戻る