良い汗とは、どんなものなのか?

a17

自然と身体から流れる汗ですが、実はそんな汗には様々なメリットがあります。

つまり、たくさん汗をかけば色々なメリットを得ることができるということであり、積極的に汗を流してみるべきです。

もちろん、汗をかくことにはデメリットもあるため、流しすぎはダメですが、ちゃんと程度を見極めて汗を流せば、デメリットもそれほど問題では無いのです。

ただし、気を付けなければならないのは、汗には良い汗と悪い汗があるということです。

そしてもしも良い汗なら問題無いですが、もしも自分が流している汗が悪い汗だった場合、むしろ汗をたくさんかくことで色々問題が発生する可能性が高いのです。

そのため、汗をかくのも大事ですが、良い汗を流せるようにすることも大事であると言えます。今回はそんな良い汗の特徴について説明します。

まず、良い汗というものは水のようにサラサラしており、汗の粒が小さく、また簡単に蒸発します。

そしてまた、簡単に蒸発するため、雑菌の苗床になることがなく、無臭となります。

さらには、良い汗というものはほぼ水みたいなものであり、ミネラルも塩分もほとんど含まれていません。

つまるところ、良い汗というのは味がないということになるのです。

上記のような特徴を持つ汗を流しているのであれば、それは良い汗なため、どんどん流してしまって問題ありません。

ただし、もしも上記の特徴とは異なる汗を流しているのなら、悪い汗の可能性が高いため、汗を流すだけではなく、良い汗を流せるように対策を練る必要があるのです。

▲ページトップに戻る