人はなぜ、汗をかくのか?

hhyhyhy

気温の高い季節だったり、あるいは室温の高い部屋にいたりすると、人は自然と汗を流すものです。

あるいは、運動したり、辛いものを食べたりしても自然と汗をかきます。そして、汗をかくことについて人が抱く印象はそれぞれです。

人によっては汗をかくのが気持ちいいと感じる人もいますし、逆に汗が気持ち悪いからできる限り避けたいと思う人もいます。

いずれにせよ、汗というものは好むにせよ嫌うにせよ、一生避けることはできないため、うまく付き合っていくしかありません。

ともあれ、そうと分かっていてもなかなか納得出来ないものです。そこで今回は、汗をかくことにより発生するメリットについて説明します。

まず、汗をかくことにより体が冷えるため、体温が上がっている時の体温調整ができるというメリットがあります。

また、汗をかくことにより、汗から老廃物や疲労物質が排出されるため、免疫力を上昇させたり、リフレッシュ効果が期待できます。

さらには、汗と一緒にミネラルが排出されるものの、汗と一緒に排出されたミネラルは再吸収されるようになっており、このサイクルを行うことで肌が綺麗になるというメリットもあります。

汗をかくということは、上記のように様々なメリットがあるため、決して無駄ではないのです。

もちろん、汗をかくことにはデメリットもあるため、際限なく汗を流せば良いというわけではありませんが、健康のことを思うなら積極的に汗をかくべきであると言えます。

▲ページトップに戻る