汗とは何なのか?実は汗には3つのタイプがあった!

a14

人間、誰だって汗をかくものです。

とりわけ夏は日常的に汗だくになるものであり、汗を流さない人間は基本的にこの世にいないと言えるでしょう。今回はそんな汗について説明したいと思います。

汗というものは、簡単に言えば皮膚に存在する汗線から吐き出される分泌液のことになります。基本的にはほとんど水分ですが、多少なりとも塩分などの他の要素も混じっています。

そんな汗は、体温調整などの効果があるため、人間にとって非常に重要な機能です。

人間のような体温が頻繁に変わる生物は、汗をかくことで体温を調整するようになっているため、汗というものは生きる上で大切なものなのです。

ちなみにそんな汗には3つの種類があります。

1つ目は温熱性発汗であり、これは気温が高かったり、運動して体温が上がったりなどの原因で現れる汗のことです。

そして2つ目のタイプは精神性発汗と呼ばれる種類です。このタイプは、簡単に言えば極度の緊張状態や興奮状態に陥ることで生まれる汗のことになります。

なお、精神性発汗の意味としては、一説によると古来の狩りをしていた時代、緊張により手足のような局部を汗で濡らすことで感度を鋭くする能力があったらしく、その名残だという話が濃厚です。

はたして最後の3つ目は、味覚性発汗と呼ばれるタイプになります。このタイプは、簡潔に説明するなら辛い料理を食べることにより流れる汗のことになります。

汗には以上のような種類が存在するため、もしも汗をかくのが嫌だというのなら、それぞれのタイプに気を付けなければいけないのです。れのタイプに気を付けなければいけないのです。

▲ページトップに戻る