脇汗と年齢の関係について考えてみよう

a11

脇汗を大量にかいてしまう人には一定の年齢が関係あると言われています。特に生活環境が変わる10代から20代にかけて、女性ではホルモンバランスの変化によって脇汗を大量にかくと言われています。

ですから女性の場合でいえば妊娠中、出産後、そして更年期の時期が当てはまります。精神的に不安定な要素も含まれますから、自意識過剰な人も脇汗をかきやすいと言えます。

10代や20代で環境の変化、生活スタイルの変化によって脇汗をかきやすくなってしまった人は、思春期にあたりますから、とても恥ずかしいものと捉えてしまいます。

そして脇汗を大量にかくことで自分がワキガではないかと疑ってしまうケースも多いようです。しかしワキガは遺伝の要素が強く、思春期に発症しなければ20代以降も発祥はしないと言われています。

生活環境が変わると脇汗が出る、思春期ではそれが悩みとなっている

では思春期に皮脂がたくさん分泌されたり、脇汗をたくさんかくのは何故なのでしょうか?

それは性ホルモンが盛んに分泌されることによりアポクリン腺と呼ばれる脇の下にある汗腺が増え、その働きが強くなり脇汗が出てきます。

思春期には誰にも言えない悩みとしてとらえられ、特に女子には悩みを打ち明けることができないことが多いので、両親は問い詰めずに見守ってあげましょう。

脇汗の悩みで最も多いのがニオイです。脇汗は多くても構わないから、とにかく臭うのをなんとかしたい、と思っている人は大勢います。

まずは汗脇パッドをこまめに取り換える、通気性の良い服に切り替えるなど、デオドラントシートを携帯して、常にトイレに立った時などに脇をふくなどするとよいでしょう。

人に不快感を与えていないと感じることができれば、その人の心も少しは楽になるはずです。

▲ページトップに戻る