脇汗の基本 > 脇汗はアポクリン腺から出ている汗のこと

脇汗はアポクリン腺から出ている汗のこと

a1

どうして脇汗は臭いのでしょうか?汗はエクリン腺とアポクリン腺、2つの分泌腺からでているのですが、脇汗と呼ばれるものは特にアポクリン腺から出ていることが多いので、臭う、蒸れてクサイ、というイメージが付きまとっています。

主にアポクリン腺について紹介していきましょう。まずアポクリン腺は限られた部分に点在するものです。

例えば陰部や乳輪、肛門や耳の中などです。たんぱく質や脂質、アンモニアや鉄分など多くの物質が含まれている汗ですから、それだけニオイもあるということです。

これらの成分は常在菌によって分解され、イヤなニオイを放ちます。それが脇汗の臭さになります。

例えば岩盤浴に入ったとして、アポクリン腺から大量の発汗があるとしましょう。当然周りは臭うわけですが、それ以上にデトックス効果がスゴイのです。

エクリン腺から出る汗はサラサラして水のような汗ですが、ベタつくような汗は老廃物が混じっているからこそ臭く、デトックスできる汗となります。ですからあまりアポクリン腺から出る脇汗を悪者扱いしないでほしいものです。

脇汗は女性にとっては恥ずかしい物、舞妓さんに習うべし

とはいえ、脇汗をかくことは女性にとっては恥ずかしいことで、電車のつり革がつかめない、今日は脇パッドを忘れた、となれば、否が応でもつり革をつかめず踏ん張る状態になります。

それは危険ですから脇汗を事前に防ぐ方法も考えましょう。舞妓さんが汗をかかないというのは、胸元にあるラインをぎゅっと締めることで上半身の汗をかかないと言われています。

その代わりに下半身に汗をかくとも言われていますから、一度試してみるとよいでしょう。

▲ページトップに戻る