意外と多いワキガ。そもそもワキガとは何なのか?

a26

日本人は清潔好きなことで有名です。そしてまた、そんな日本人だからこそにおいにたいしても非常に敏感であり、ちょっと嫌なにおいがしただけで、強い不快感を覚えるものです。

ワキガがやたら問題視されるのは、そんな日本人特有の価値観によるところが大きいです。そもそもの話、ワキガというものは意外と発症者が少ないです。

データによると10人に1人くらいの割合でワキガを発症しているらしいですが、これは比率として考えるとそれほどたいしたことはありません。

ですが、前述したように日本人はにおいにやたら敏感であり、だからこそその10人に1人のワキガがやたら問題視されているのです。

そんなワキガですが、その原因は脇にある2つの汗線のうちの1つであるアポクリン汗腺であると言われています。

アポクリン汗腺は、粘つきのある様々な成分を含んだ汗を排出する汗線であり、この汗線が活発に働き、なおかつ脇に汗がたくさん出て雑菌が増えることによりワキガになるのです。

ちなみにアポクリン汗腺は他にも耳などにも存在しており、そのため湿り気のある耳垢を持つ人の場合、ワキガになりやすいと言われています。

また、ワキガは日本人の間ではやたら問題視されていますが、実は外国ではそれほど問題と思われていません。

外国ではシャワーで汚れを落とすことはするものの、清潔感をそれほど重要視していないため、多くの人がワキガだったりするのです。

しかしながら、あまりにも多くの人がワキガなため、当たり前のことと思われており、問題だと思われないことが多いです。

そもそも、外国では香水を用いて体臭を変化させるのがエチケットなため、体臭が強いことは変だと思われないのです。

▲ページトップに戻る