汗は無臭なのに、どうして脇汗は臭いのか?

124

実のところ、汗というものは本来、無臭です。ついでに言うと味もほとんどないものです。

それにも関わらず、どうして汗臭さや塩辛さがあるのかというと、それは汗線から排出された汗に、不純物が混ざるからに他なりません。

たとえば、味について言うと、汗線には2つの種類があり、状況によっては塩分などの成分を含む味のある汗を出すことがあり、それが原因で味が生まれます。

また、においについては、皮膚に存在する脂肪酸と、皮膚に常駐する雑菌の2つが混ざることにより汗臭さが生まれるのです。

そしてそれは脇汗においても変わりありません。脇という箇所は、汗線が2つ存在しており、不純物が元から混ざりやすい環境にあります。

それに加えて、脇は人体の中でも特に蒸れやすい箇所であり、そのため雑菌が繁殖しやすい状況となっています。

特に蒸れやすいというのは厄介であり、蒸れやすいということは湿気があるということであるため、なかなか汗が乾くことはありません。

加えて、脇は熱が溜まりやすいため、冬でもない限りは自然と脇汗が流れるものです。つまり、脇は基本的に脇汗で濡れているか、汗が残っている状態になりやすいです。

そして、そういった状態は雑菌の苗床として最適であり、自然と雑菌が増えていき、そんな雑菌と汗や脂肪酸が混ざり合い、分解される結果、あの独特な刺激臭となるのです。

脇汗は以上のような理由で、他の箇所よりもはるかに強い汗の悪臭を発することになります。

阻止するには、しっかりケアするか、あるいは病院などにいって治療してもらう必要があり、いずれにせよ自然治癒することはほぼないものであり、非常に厄介であると言えます。

▲ページトップに戻る