脇汗の問題点について

a23

運動などで流す汗は気持ち良いものです。反面、湿気や熱さなどで流す汗は気持ち悪いものです。

このように、汗というものは状況次第でいくらだって印象が変わるものです。

しかしながら、脇汗に関しては例外であり、基本的に脇汗は嫌なものという固定概念が凝り固まっています。

どうしてかというと、脇汗はとにかく臭いという問題点があるからです。そもそもの話、脇という箇所は非常に蒸れやすいです。

そのため、汗をかきやすいですが、同時に蒸れやすいということはなかなか汗が蒸発しないということでもあります。

つまり、脇汗というものはなかなか自然乾燥するものではなく、ちゃんと手入れしないと、いつまでも残ったままなのです。そしてそれは雑菌を繁殖させる結果につながります。

さらには、エクリン汗腺とアポクリン汗腺から排出された汗と、皮膚にある脂肪酸が複合して、それと増殖した雑菌が混ざり合うことになります。

その結果生まれるのが、ワキガ臭などと呼ばれる独特なにおいなのです。かなり強烈なにおいなので、周囲に迷惑になりますし、本人だって自分の体が臭いなんて嫌なものです。

しかも、一度におうようになったら、なかなか完全に消すことができないのも問題です。何せ汗というものは生理現象であり、それは脇の汗であっても変わりありません。

そしてまた、悪臭がにおいはじめたということは、においが生まれる環境は整っているということなので、ちょっと対策したところで、すぐに戻ってしまうことになります。

このように、においと対処の難しさという問題点があるからこそ、多くの人を悩ませているのです。

▲ページトップに戻る