特定の病気が脇汗を促す

asasaa

風邪をひいている時は、通常よりも多く汗をかくものです。

それは精神的な要因によるものでもありますし、あるいは身体機能にいろいろ異常をきたしているために起こっているとも言えます。

このように、汗を流す要因の1つには病気も数えられます。さらに言えば、汗を流すことになる病気は何も1つだけではありません。

肉体的な苦痛の大きい病気なら、たいていは汗の流れる量が増えるものであり、つまりは体調の不調こそが汗が多くなる原因であるとも言えるのです。

もちろん脇汗だって例外ではなく、むしろ脇汗は汗が流れやすい環境ということもあり、ひじょうに多くの量が流れる恐れがあるため、もしも脇汗に気をつけているのなら、病気時には特に気を付けるべきであると言えます。

ともあれ、病気によっては汗があまり出ないものもありますし、逆にやたら汗が増える病気もあったりするので、どんな病気にかかったか気を付けることも大事です。

とりわけ注意するべき病気は2つあります。

まず1つは多汗症であり、この症状にかかると、文字通り何もしていないのに汗が噴き出るようになるため、汗に気を付けるのであれば、もっとも厄介な病気だと言えます。

そしてまた、もう1つ気を付けるべきなのが糖尿病です。糖尿病はガンなどの症状を誘発させる危険性の高い病気ですが、同時にこの症状には自律神経などの機能を低下させて、うまく対応調整ができないように身体を変調させてしまう側面があります。

さらには、交感神経のバランスを崩すこともあるため、発汗作用が過剰に働いてしまい、脇汗をはじめとした汗がたくさん流れることになるのです。

▲ページトップに戻る