食事によっては脇汗が増える?

hu11aaa

空腹は汗と同じように生きているなら避けられない生理現象です。

そのため、人は日常的に何か食べているわけですが、そんな食事は場合によっては脇汗を誘発焦る原因となることがあります。

そもそもの話、汗が噴き出る原因は色々ありますが、その中の1つに味覚性発汗と呼ばれるものがあります。

この味覚性発汗は、簡単に言えば辛いものを食べた時など、交感神経が刺激されることで汗が自然と湧き出てくる現象です。

そしてまた、そんな味覚性発汗は脇汗にも影響があります。脇という箇所はもともと蒸れていて汗が出やすい箇所ですし、それに加えて味覚性発汗は局部に汗が噴き出る症状です。

つまり、脇汗とは相性がピッタリであり、そのため辛いものを食べたりすると、脇から汗がたくさん出る可能性が高いのです。

香辛料たっぷりで味の濃い料理なら、それだけ味覚性発汗が促されるため、もしも汗を止めたいのであれば、そういった刺激的な料理を避けることも大切です。

また、料理というものは基本的に温かいまま食べるものなので、体温を上昇させることもあり、それが原因で汗が流れることもあります。

さらには、食事において肉やお酒などを口にすることが多い人の場合、それが原因で汗が臭くなったりすることもあったりと、食事というものは良くも悪くも大きな影響を与えるのです。

そのため、もしも脇汗を抑制したいと考えているのであれば、食事内容には気をつけて、何か食事内容に問題がありなら積極的に改善するように心がける必要があります。

▲ページトップに戻る