脇汗と肥満に関係があるのか?

a12

太っている人は汗を流しやすいというイメージがありますが、実際、そのイメージは決して間違っていません。

肥満と呼ばれるような体型をしている人は、それが原因で汗を流しやすくなるため、肥満と汗は非常に密接な関係にあるのです。

もちろんそれは脇汗の場合も同様です。肥満の人は汗を流しやすいため、もしも脇汗に悩んでいるのなら、肥満が原因の可能性は極めて高いと言えます。

ちなみにどうして肥満だと脇汗をはじめとした汗が多く流れるのかというと、それは肥満体型だと基礎体温が高めになってしまうからです。

どういうことかというと、肥満型の体型になるということは、皮下脂肪が多くなるということです。

そしてこの皮下脂肪が多いと、うまく熱を体外に逃がすことができなくなり、熱が体内に溜まりがちになります。

それはつまり、体温が下がりにくく上がりやすいということであり、当然体温が高くなれば体温調整のために汗が排出されることになります。

肥満になると脇汗が多くなるのは、そういった理由があるからなのです。

加えて言うと、肥満体型になるということは体重が重くなるということであり、体重が重くなるということは運動におけるエネルギーの消費が激しくなるということにもなります。

つまり、たいした運動をしていなくても、通常よりも多くの負担を感じることになってしまうため、自然と汗が多くなってしまうのです。

このように、脇汗をはじめとした発汗機能と肥満は密接な関係があるため、もしも改善したいなら痩せる必要があるのです。

▲ページトップに戻る