脇汗を止める対策

気になる汗のにおいと制汗剤

gtsssss
肉体労働の人はもちろん、介護福祉士や看護師など、人や機器を移動させたり動かしたりする仕事は、汗をかきやすい仕事です。

その中でも介護士や看護師などの職業は日常的に人と接する機会が多く、汗のにおいも気になります。また、1年中を通じて建物の中で仕事をするため、季節限定の悩みではなく、1年うを通じての悩みになってしまうのです。

特に介護士の仕事は、常に高齢者や障害者の日常生活を見守ったり、手助けを行う仕事です。自分で車いすなどに移動できない人も多く、ベッドから車いすへ、車いすからベッドへなど、さまざまな場面で力仕事があり、肉体的にも精神的にもハードな仕事となります。

施設内は生活している人が過ごしやすいように冬になると暖房も聞いてくるため、夏だけでなく冬でも汗をかきやすい仕事なのです。

汗をかく仕事なのだから仕方がないと割り切ることができればいいのですが、汗をかいてにおいが気になっても、ナースコールなどが鳴ればすぐに利用者のところへ行って移動の手伝いなどの手伝いをすることになります。

移動の手伝いの際は利用者を抱きかかえることもあるため、汗臭い状態であれば相手に迷惑をかけてしまうほか、それを指摘されれば自分が落ち込んでしまう原因にもなってしまいます。

脇汗には制汗剤!?その弱点とは!!

脇汗がひどい時の対策として真っ先に思い浮かべるのが制汗剤です。介護士などは持ち歩いたり、ロッカーに常備している人もいます。

しかし、一口に制汗剤といっても様々な種類があり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

制汗剤の中で最も多く売られているのがスプレータイプです。コンパクトなものはバッグに入れて持ち歩くこともでき、気になる時にシュッとスプレーするだけでよいので手軽で便利です。

しかし、効果が一時的でまた汗が出てしまうと制汗剤が効果がなくなってしまうことがあります。また、中にパウダーが入っていることがあり、そのパウダーが毛穴に詰まって思わぬ皮膚トラブルを引き起こしてしまう危険性もあります。

シートタイプは不織布に制汗剤をしみこませたものです。ウェットティッシュのように、気になったらさっと取り出して使うことができます。

スプレータイプより肌になじむので、効果はスプレータイプのものより長いですが、汗を抑えるのに効果の高い薬剤が使用されていないことが多く、汗を抑える効果が弱いためすぐに汗をかいてしまいます。

ロールオンタイプは肌に転がして薬剤を塗り込むタイプです。パウダーなどは入っていないため、パウダーなどによる皮膚トラブルは少なめです。

しかし、あまり広範囲には塗ることはできないため、脇汗だけなら対応できますが、それ以外の場所にも使用する場合にはほかのタイプの制汗剤を使用しましょう。

スティックタイプは固い成分でできている制汗剤で、しっかりと肌に塗り込むことができます。制汗効果の高いものが多く、効果はあるのですが、固い性質のため広範囲に使用することができません。

クリームタイプは制汗剤としても効果が高く、肌になじみやすい性質のため、広範囲に塗ることができます。即効性もあるので、ロッカーにおいて、気になる時にさっと塗り込めば脇汗のにおいも気になりません。

脇汗の原因とは?

脇汗対策を考える前にまずは脇汗の原因について考えてみましょう。特に室内で肉体労働をする介護士などの仕事の場合、1年中悩まされることになるので、原因を知ることによって原因に合った対策方法を立てることができます。

まずは精神的な発汗の場合です。ストレスや緊張や不安が強くなると、自律神経のバランスが乱れ、副腎皮質からアドレナリンが分泌されます。

アドレナリンが分泌されることにより体が活発に動いているのだと錯覚し、汗をかきやすくなるのです。汗をかきやすい人は、汗地味ができたらどうしようと悩む人もいますが、この悩みが汗をひどくすることもあります。

自律神経がバランスを崩すと、ホルモンのバランスも崩しやすくなります。生理前や更年期障害などで汗をかきやすくなるのはこれが原因です。

体の冷えも発汗の原因となります。冷え性の人は基礎代謝の低い人が多いです。基礎代謝が低いと全身の汗腺が活発に働いていないことが多いのです。

人間の体温調節は汗をかくことで行っていますが、それがうまくいかず、脇などの汗腺集中する部分から汗をかきやすくなってしまいます。

肥満の場合、皮下脂肪が多い傾向があります。皮下脂肪が多いと体の熱をうまく逃がすことができません。その結果、皮下脂肪が少なく、感染の多いわきから汗をかきやすくなります。

juyfgf

日常生活の中での脇汗の原因

日常生活の中では食生活が原因となっていることがあります。食事に脂っこいものが多い場合、皮脂腺から皮脂が過剰分泌され、べとべとした嫌な汗が出やすくなります。

アポクリン腺からの汗が多くなり、においもしてきます。香辛料などの刺激物や酸味が強いものも控えめに。

運動不足も発汗する原因となります。肌の新陳代謝が低下し、全身の汗腺がうまく働かなくなってしまいます。汗腺機能が低下すると汗腺が集中している部分から汗をかきやすくなるため、脇汗がひどくなります。

食生活の乱れや運動不足が続くと肥満になりますが、肥満も脇汗の原因となってしまうので、そうならないようにするためにもバランスの良い食生活を心がけ、肥満を防ぎます。

脇汗の原因、最後は病気や体質によるものです。わきがは体質ですが、周囲の人を不快にさせてしまうほど強烈なにおいの汗が出ます。

遺伝ともいわれていますが、わきがになる原因ははっきりとはわかっていません。甲状腺亢進症も脇汗の原因と考えられます。これら病気の場合はどんなに対策を行っても改善することはありません。

根本的に病気を治すことが大切です。脇汗がひどくて対策を立てても一向に改善しない場合には病院に相談してみましょう。

気になる脇汗にデオドラントクリーム

jhggfgfgfg

脇汗はかくだけでも気持ちの悪いものですが、脇にはアポクリン汗腺という、においを伴う汗腺があります。この感染を通過して出てくる汗には人を不快にさせてしまうほどのにおいがあるのです。

ほかの部位のように脇汗は汗が出たからといってこまめにふけるところではありません。そのため、かいた汗が服にしみこむと、汗からだけではなく服からもにおいがしてきます。

介護の仕事はにおいがするからといって人の介護をしないわけにはいきません。そこで制汗剤で汗を抑え、においも抑える必要があります。

仕事をしながらでもさっとこまめに汗を処理できるものは、スプレータイプやシートタイプのものがありますが、いずれも効果が低く、しばらくたつとまた汗をかき、汗やにおいに悩むことになります。

成果の高い制汗剤にはスティックタイプのものがありますが、固い性質があり、広範囲に塗ることができません。

そこでおすすめなのが制汗剤とデオドラント効果のあるクリームです。クリームタイプのものは制汗剤の中では最も効果の高いもので1日1、2回塗るだけで汗を止めてくれます。

また、脇汗に特化した商品になるとアポクリン汗腺から出る嫌な臭いも止めてくれるのでお勧めです。

その中でも特におすすめなのが、沢山の医療機関関係者が長年の末に開発したドクターアロマランスや、においの原因である雑菌を100%殺菌しにおいを抑えるノアンデアドヴァンストトランスパです。

制汗デオドラントクリームの弱点はこうして克服!!

脇汗に最も強いといわれる制汗デオドラントクリームは、クリーム状なので衣服を少し持ち上げた状態でも塗ることができ、仕事と仕事のあいまいでもさっと塗ることができて、効果も高いので脇汗や脇汗のにおいに悩んでいる人には非常におすすめな商品です。

制汗デオドラントクリームは、ほかのどのタイプの制汗剤に比べても比較的価格が高いのが難点です。

しかし、その点効果が持続するために、汗をかくたびにこまめに使用しなくてもよく、回数を減らすことでコストパフォーマンスは改善されます。

また、塗るたびに手が汚れるという問題点がありますが、介護士の場合は常に手を清潔に保つ必要のある仕事上、ほかの仕事より手洗いの機会が非常に多いため、気になることは少ないです。

そんなに気にならない程度の脇汗で、においもさほど気にならないのであればスプレータイプやシートタイプの制汗剤で対策をとることも可能ですが、脇汗がひどく、においもきつい場合には制汗デオドラントクリームをお勧めします。

特ににおいがわきが並みにひどい人の場合は、わきがにも対応しているドクターアロマランスやノアンデアドヴァンストトランスパがぜひおすすめです。

制汗剤以外の脇汗対策

脇汗対策といえばすぐに制汗剤を思い浮かべてしまいますが、それ以外の脇汗対策法もあります。

運動や仕事などによって体内温度が上昇し、発汗する場合は、血管内の血液の温度も上昇し、汗をかくため、血管が集中しているリンパ節を冷やすことで血液の温度を下げ、汗を抑えます。首の後ろや左鎖骨下、わきの下や太ももの付け根、ひざの裏などが効果的です。

仕事中や仕事の休憩中にでもさっとできる汗を抑える方法としては、ツボ刺激法もあります。

こぶしを握って、小指の下にできる突き出た部分にある後谿(こけい)や、手のひらを上に向けたときに、小指側の手首の付け根から、ゆび1本分肘方向に向かったところにある陰げき(いんげき)、手の甲側の親指と人差し指の骨が交わっている部分の、人差し指側のくぼみにある合谷(ごうこく)などが汗を止めるのに効果があります。

特に合谷のツボは体にも良い効果があるため、定期的に刺激するとよいです。

また、脇汗のにおいを止める場合には、わきの下をきれいに処理しておく必要があります。男性の場合はわき毛をそるのは何となく抵抗がありますが、わき毛を短くカットしておきましょう。

女性の場合はしっかりわき毛を処理するだけで、わきに制汗剤も浸透しやすくなり、汗をかいても雑菌が繁殖しにくくなるのでにおいが軽減されます。汗のにおいが少なくなれば精神的な発汗も減らす効果があります。

hgggggggggggggggg

汗を止めたい、でも薬は怖い人のための汗止め帯

汗を止めたい。でも汗を止めるのに薬はできるだけ使いたくない。そのような人におすすめなのが汗止め帯です。汗止め帯は脇の下を通して、胸から5センチほど上の部分に帯をまくことによって圧迫し、汗を抑えるというものです。

すぐに効果が出るので、愛用者は気になる間使用しているようです。しかし、帯の素材が肌に合わずにかぶれた、効果が出ないなど人によって会う人と会わない人もいますので注意が必要です。

また、汗を抑える胸部分のツボは、体の曲線部分にあるため、しっかりツボを押さえるように巻いたつもりでも動いている間にずれてしまったり、胸の汗を抑えるツボ自体をしっかり把握して、そこを圧迫しないと効果が出ません。

しっかり圧迫しなければ効果が出ないため、動きが多い仕事や薄着の仕事の人などは効果が出にくいことがあります。

汗止め帯で圧迫するのは、脇の真下にある大包(だいほう)というツボと、乳首から3~5センチほど上にある屋翳(おくえい)というツボです。

この左右に4か所あるツボを帯でしっかり圧迫することで胸から上の汗を抑えることができるので、脇汗だけでなく、顔の汗にも悩んでいる人にはぜひおすすです。

しかし、しっかりと圧迫する必要があるため、血行が悪くなることがあるため必要なときだけにして、1日中圧迫するのはやめましょう。

▲ページトップに戻る